AD2ブログ

   
 

リターゲティング広告とアドレサブル広告の違いとは?

2018/10/17  松崎 海

今回のテーマは、「リターゲティング広告とアドレサブル広告の違い」について。
リタゲと何が違うの?手間がかかるし、リタゲだけでいいじゃないの?と思っている方、必見です!

アドレサブル広告は、リターゲティング広告との併用がおすすめ!

まず、リターゲティング広告とアドレサブル広告の違いについて説明します。

1.量の観点
リターゲティング広告はサイト来訪者のみが対象となります。
その際に、以下ユーザーへはアプローチができません。

  • Cookie保持の有効期限が切れている、削除されている
  • デバイスが異なる
  • そもそもサイトへ来訪していない(タグ設置前やオフラインなど)

アドレサブル広告を実施いただければ、リターゲティング広告でアプローチできない、すでに接点のあるユーザーにアプローチすることができます。

2.質の観点
リターゲティング広告は、どのページを見ているか?いつサイトに訪問したか?等、サイト来訪時のデータを元にしたセグメントを行います。
サイト訪問者に対し、広く浅くリーチすることに向いているといえます。

アドレサブル広告であれば、顧客データを活用することで、何の商品を買っているか?どういった属性か?いつ申込みをしたか?
などの情報を元に、より詳細なセグメントを行うことができます。
そのため、ユーザーに対して最適なメッセージや優先度でアプローチを行うことが可能となり、精緻なターゲティングに向いています。

このように、アドレサブル広告はリターゲティング広告で賄えないメリットがあるので、併用提案がおすすめです。
また、アドレサブル広告で連携したリストをリターゲティング広告から除外することで、重複を防ぎより効率的な運用を行うことも可能です。

以下に、リターゲティング広告とアドレサブル広告の違いについてまとめた資料をご用意しました。
両社にメリット・デメリットがあるので、それぞれの特性を活かしてうまく活用いただければと思います。
ダウンロードいただき、提案に活用ください!
https://blog.addressable.jp/wp-content/uploads/download/AD2_retargeting_addressable.pptx

この記事をシェアする